借金の借り換えを相談する機関もありますが。。

複数ローンの返済は本当にキツいです。

毎月、何回もある返済日をビクビクしながら、あるいは計算しながらなんとかやり繰りしているといった方が多いのではないでしょうか。

どこかのテレビCMではありませんが、頭の中が「借金」という文字でいっぱいになってしまう・・・そんなイメージです。

それだけ複数ローンの返済は、精神的にもかなり辛いということがわかります。

人間、やはりお金にある程度余裕がないと、精神的にも追い詰められ、イライラしてしまうものなんでしょうね。

そんな頭の中が借金のことでいっぱいの方の為に、色々な方面から借金の相談を受け付けている機関があります。

具体的には独立行政法人の国民生活センターなどがあります。

実際に相談に来られるような方の殆どが、複数の業者からキャッシングをしている方なので、当然、借り換えについても相談に応じてくれます。

こういった機関は、基本的に無料というところがポイントです。

ただ・・・借金相談をしても重要なことは何も変わらないのです!

結局は自分自身で返さないと借金はなくならない(汗)

そう、どれだけ他人に借金の相談をしても、その人があなたの代わりに借金を返してくれるわけではありません。

結局は自分で作った借金は、自分で返すしかないのです。

だから、借金について相談する暇があるのなら、さっさと借金を一本化して、完済までのスタートを切ることです。

多くの人は、このスタートさえも切ることができないから、また別の業者から借りてしまい、借金の蟻地獄にハマってしまうんですね。

借金を返すことで一番重要なことは、他人に相談することではありません(キッパリ)

特に弁護士や司法書士など、法律の専門家に相談しようものなら、最初はやさしく話を聞いてくれますが、結局は過払い金返還請求などで自分が儲けたいということがわかると思います。

過払い金はうまくいけば返ってきますが、当然、弁護士や司法書士に成功報酬を払わないといけません。

また、専門家の中にも、かなりボッタクリな報酬で儲けようとする輩がいますので、注意が必要です。

少し話がそれましたが、要は借金を返すのは自分自身なので、相談するくらいなら、最初から借金生活からの脱出を目指して、行動しようということです。

その中でも借金の借り換えは、完済への道のりがハッキリとわかるので、ぜひ検討してほしいと思います。

少なくとも、今あるいくつかの借金を一つにまとめることができれば、頭の中で常に考えていた「借金のこと」が、少し和らぐことは間違いありません。

このページの先頭へ