労金で借金の借り換えの審査を検討中の方へ←アナタは大丈夫!?

複数の借金を作ってしまった人がよく考えるのが「労金(ろうきん)」での借り換えです。

労金で借金を一本化しようと、多くの人が考えるようですが、やはり世の中そんなに甘くはありません!

まずそもそも、労金でお金を借りる場合、基本的に組合員になっていないと無理です。公務員や会社の労働組合に入っているという前提がありますので、なんのツテもない方は労金で借金を借り換えるのは諦めたほうがよさそうです。

また、最近になってようやくろうきんでも借金の借り換えを前面にアピールしてきていますが、その審査基準はまだまだ謎です。

労金の公式サイトによると、借り換えのモデルケースが

  • 約3社以内
  • 原則150万円以下
  • 返済の遅延はなし

という、結構厳しい条件になっているので、当てはまる方はいいですが、実際にはなかなかいないんじゃないでしょうか。。

まあ労金でお金を借りると決めた時点で、完全に自分だけでコッソリとという感じでキャッシングは無理ですし、結構厳しい印象があるのが、ろうきんでの借り換えです。

ただ、一旦融資が決まれば、確かに金利はかなり低いので、複数の借金をまとめるには最適な金融商品なのは間違いありません。

ですので、もし自分が労金で融資を受けられる資格があるのなら、ぜひ一度、審査に申し込んでみるのがいいと思います。

一方、とてもろうきんでお金借りるなんてムリ・・・という方は、ろうきんと同じくらい金利が低い銀行カードローンがちゃんと用意されていますのでご安心を!

例えば、最近はテレビCMでもよく見かけるようになった「みずほ銀行カードローン」は、銀行カードローンならではの低金利キャッシングが特長で、借り換えにも最適です。

さらに、インターネット広告で急拡大中の「静岡銀行カードローン」も、最大限度額や金利等の商品スペックはもちろん、VISA機能や生命保険機能を追加できたりするので、今後もこういった個性的な銀行カードローンが登場する可能性は高いでしょう。

どちらも、パソコンやスマホなどから申し込みができますので、労金のように審査から融資決定までの手続きが長くないというのも見逃せないポイントです。

個人的には、借金というのはやはりできるだけ自分自身で解決したい問題だと思うので、労金でのキャッシングは最後の手段としてとっておき、まずはネットから申し込みができる低金利カードローンから借り換えを検討していくのが、一番いい方法ではないでしょうか。

>>ろうきん並みの低金利が魅力のカードローンはコチラ

このページの先頭へ