学生時代に作った借金がまだ返せない・・・

若気の至りというものは、時をして取り返しの付かないことにもなりかねません。

学生の頃に、つい安易な気持ちで借りてしまった学生ローンも、その一つと言ってもいいんじゃないでしょうか。

既に全額完済しているなら全然問題ありませんが、社会人になっても未だに返済できないという状態だと、正直、かなりヤバいです(汗)

学生、特に大学生などはサークル活動や友人との交際費で何かとお金がかかりますよね。

遊び過ぎてしまい、ついうっかり財布の紐が緩んでしまった、なんて状況は結構ありがちです。

それでも学生ローンや一般的なカードローンでなんとか凌いでいた方も多いでしょう。

でも、、、今は社会人。

学生とは違い収入も増えたが、支払うものも増えた・・・そんな状況ではないでしょうか。

だから、いつまで経っても学生時代に作った借金が返せない・・・という方は、本当にここ最近増えています。

じゃあどうしたら学生時代に作ったローンからサヨナラできるのか、その辺を解説していきます。

学生時代のローンが長引いている理由を探る!

学生時代のローンを未だに返せない方は、収入が少ないといった根本的な問題だけではありません。

まず何より、学生時代に作ったローンの貸付条件や支払明細などをチェックし直すことから始めていきます。

学生の時に作る借金といえば、多くの方が「学生ローン」ではないでしょうか。

学生ローンとはその名の通り、基本的に学生証がなければ借りることができない、学生専用のローンです。

東京の学生街である高田馬場が学生ローン発祥の地と言われていますが、この学生ローンがとにかくクセモノなのです。。

まず基本的に学生ローンはカードローンではないので、借入はまだしも返済には非常に不便な点が挙げられます。

だって基本的に指定された口座へ振り込みをして返済をするんですよ(汗)

コンビニATMから気軽に返済できるアコムプロミスなどの一般的なカードローンと比べると、利便性は非常に悪いです(涙)

利便性が悪いということは、返済も面倒になっていきますので遅れがちに・・なんてことにもなりかねません。

また、今でこそ昔と比べると随分低くなってきましたが、やはり学生ローンといえば「金利が高め」という印象は拭えません。

やはり保証が期待できない学生相手に貸す商売ですので、金利は必然的に高めに設定されます。

特に結構前から学生ローンを利用されている方なら、ひょっとしてグレーゾーン金利で借入しているかもしれませんので、もしかしたら「過払い金」が発生しているかもしれません。

もし万が一過払い金が発生しているのなら、返すどころか「払い過ぎたお金を取り戻す」ことができますので、一度調べてみるのもいいかと思います。

このように、返済が面倒だったり金利が高かったりと、今のカードローンと比べると商品スペックはかなり劣りますので、未だに学生ローンの返済を続けている方は一度、条件等を他社と比べてみてください。

普通のカードローンでも見直す必要アリ!?

自分は「確かに学生時代にローンを利用したことがあるけど、学生ローンじゃなく普通の消費者金融から借りたから特に問題無いだろ?」なんて思ってる方も要注意!

確かに一般的なカードローンなら利便性が高く金利も学生ローンより低めに設定されているかもしれませんが、借入している業者によっては結構「損」している可能性も否定できません。

例えばアコムやプロミスなどの大手消費者金融なら、さほど気にする必要はないかもしれませんが、あまりなの知られていない、いわゆる中小の消費者金融から借入している場合などは、結構高い金利をふっかけられているケースも多いです。。

また、今の借金の返済がキツいのであれば、より金利が低い銀行カードローンなどへ借り換えするという考え方もできますよね。

いずれにせよ、一度自分が現在借入している業者の貸付条件を確認し、もっと良い条件で借り換えすることはできないかを考えてみることが大切です。

このままダラダラと返済していっても、借金完成までたどり着くことは、なかなか難しいかもしれませんよ!?

まとめ「学生ローンでも普通のカードローンでも、今一度より条件の高い業者へ借り換えできないか模索してみる」

学生ローンならまず銀行のカードローンでうまく借り換えすることができれば、毎月の返済の負担を減らすことができるでしょう。

その他、一般的なカードローンでも、1%でも金利を低くできるのであれば、借り換えする価値はあるのではないでしょうか。

とにかく今の状況より1,000円でも毎月の返済額を減らすことができるのであれば、積極的に借り換えしていくべきだと個人的には思っています。

このまま返し続けていっても、学生時代の嫌な思い出まで一緒についてくるみたいな感じなので(笑)、できればここで一回、リフレッシュして別の業者へ改めて返済をやり直した方が、将来的にもいい結果になると思いますよ(^^v

このページの先頭へ