自動車ローンの代わりにカードローンを車購入代金の足しにしたが・・

今の時代、車は贅沢品とも言われていますが、地方に住んでいる方にとっては、まだまだ生活必需品なのも事実です。

また、車が好きな男性の方も多いことでしょう。

中にはこんな経験をしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか・・・

Yさんは車が好きな20代後半のサラリーマン。

念願かなって、ようやく新車を手に入れる予定なのですが、どうしても40万円ほど足りない状態(汗)

JAなどのマイカーローンを利用しようかとも考えましたが、学生の頃からちょこちょこカードローンを利用していたので、審査に通るか不安でした。。

そこでYさんは、どうせ自動車ローンに審査を申し込んでも、過去にカードローンを利用してるから受かる自信がないし、何より今すぐにでも新車が欲しい!と思い、マイカーローンは諦めて、某大手のカードローンに申し込みをしたのです。

そしてこの作戦は見事成功し、無事審査に合格!晴れて新車のオーナーになることができたのです。

・・と、ここまでで終わればめでたしめでたしといったところですが、実はこの話には続きがあるのでした。。

せっかくローンまでして買った新車なのに毎月の返済がツラい(涙)

Yさんは重大なミスを犯していました。

それは

新車のことばかり考えていて「維持費」というものを全く計算に入れていなかったのです(汗)

これには正直、呆れてしまいますよね。。

車は買っただけでハイ、終わりというわけにはいきません。

車を維持するためには

  1. 毎月のガソリン代
  2. 毎年くる自動車税
  3. 二年に一回(新車の場合は初回三年)の車検
  4. 毎年くる自動車保険
  5. その他、突然やってくる故障やタイヤなどの消耗品代・・・

ザッと挙げただけでこれだけの維持費が車には必要なのです!

だから車だけ買っても、それを維持していく費用をちゃんと別にストックしておく必要があるのです。

Yさんは初めての新車に舞い上がっていたのか、そのことを全く考えてなかったせいで、毎月のローンの返済に加え、車の維持費もかさんでいき、キツキツな生活を強いられることとなったのです。。

せっかく大好きな車を買っても全然イジれない(涙)

それならいっそのこと愛車を売ってしまえばいい、と考えるかもしれませんが、Yさんはやっとの思いで購入した新車、しかも車が大好きな若者だったのです。

また、Yさんは新車を購入したらやりたいことがいっぱいありました。

例えば購入時には予算の関係で断念した

  • 社外製の最新カーナビ
  • BBS(高級ホイールのブランド)製のホイールとタイヤ
  • 社外製のエアロパーツ

これらも新車購入と一緒に付けたかったのですが、ざっと計算しただけでも100万円近くかかります(汗)

まあエアロやホイールは我慢できたとしても、カーナビくらいはやっぱり欲しいところ。

でもYさんはお金のことを甘く考えすぎていたので、結局、何も手に入れることができませんでした。。

Yさん曰く「せっかく車をイジッて楽しみたいのに、これじゃあ意味がない(T_T)」とのこと。

でも結局「自業自得」なのです。

まとめ「まずは購入時に利用したローンの返済。借り換えで毎月の返済を軽減!」

車の維持費と毎月のローンの返済でキツキツな生活から脱出するためには、まずローンから見直していきます。

少しでも毎月の返済を減らすために、金利が低くなりそうな業者(特に銀行カードローン)に借り換えを検討しましょう。

その上で、借金完済までは毎月の支出を抑えて我慢すること。

あとは借金さえ全部返すことができれば、好きなカーナビやホイールなどなんでも買えばいいと思います。

もちろんその時は「ローン」をしてはダメですよ!

一般的に、マイカーローンは購入する車を担保にするケースが多いです。

だから金利も普通のカードローンより低く設定できるわけですが、低金利のマイカーローンを組めない場合は、どうしても普通のカードローンなどで購入代金の足しにしてしまいます。

しかし、少額ならまだいいかもしれませんが、やはり返済がキツくなってしまう方が結構多いので、借りる際はよく考えてからにしてください。

一方、既にカードローンから借入している場合は、少しでも毎月の借金返済をラクにすることができないか、借り換えすることで金利を低くできないか、その辺を常に考えて行動して欲しいと思います。

このページの先頭へ