業界トップクラスの低金利と限度額を実現!オリックス銀行カードローン

篠原涼子さんのテレビCMでもお馴染みのオリックス銀行カードローンは、煩わしい口座開設は一切不要!

もちろん銀行のカードローンですので、ある程度まとまった金額を借り入れするのに最適なのはいうまでもありません。

銀行カードローンから融資を検討する際、一番重要な要素になってくるといってもいい利息ですが、オリックス銀行の年利は銀行カードローンならではの低金利を実現!

さらに大口融資が必要な方でも、オリックス銀行カードローンなら借入限度額も業界のトップクラスを誇っているので、安心して利用できます。

また銀行カードローンなので、消費者金融より低金利で借入できる可能性が高いのも、人気のポイントです。

毎月の返済の負担を少しでも軽くしたいのなら、オリックス銀行カードローンは要チェックということになりますね!

もちろん長期利用になりがちな大口融資でも、知名度が高いオリックス銀行カードローンだから、安心して使い続けることができるのもメリットです。

そして気になる毎月の返済額ですが、オリックス銀行カードローンでは、30万円以下なら毎月7,000円、50万円以下でも毎月10,000円からと、かなり利用者の負担が少ないので、計画的な返済も可能なのではないでしょうか。

面倒な口座開設不要!提携ATMの利用手数料は数日無料!そしてもちろん担保や保証人も不要でなオリックス銀行カードローンは、狙い目の銀行カードローンであることは間違いありません。

オリックス銀行カードローン
>>オリックス銀行カードローンのお申し込みはこちら<<

オリックス銀行のカードローンなら提携ATM利用料が無料!

オリックス銀行カードローンの人気が高い理由の一つに、提携ATMの利用料が無料というのが挙げられます。

ただオリックス銀行の提携ATMなんて見たことがない!なんて思う方もいらっしゃるかもしません(笑)

オリックス銀行カードローンでは、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行のメガバンクをはじめ、ゆうちょ銀行や西日本シティ銀行、各コンビニ提携ATMでも利用ができます。

だから日本全国どこでも利用ができるのはもちろん、手数料が無料なのは最高ではないでしょうか。

しかも全ての提携ATMで1,000円単位から利用できるので、使いやすいのもうれしいポイントです。

もちろん返済も提携ATMで可能なので、ちょっとお金に余裕ができたらコンビニで返済!という使い方もできますね。

ボタン01

毎月の返済額、具体的にいくらになるの?

実際、オリックス銀行カードローンに融資を受けたら、毎月の最低支払い額はいくらになるのか気になりませんか?

消費者金融や銀行カードローンの多くが採用している「残高スライドリボルビング方式」という返済方式を採用しているオリックス銀行カードローンですが、この返済方式だと借入残高が一定額に達しない限り、毎月の支払額が一定になりますので、返済計画も立てやすくなるというメリットがあります。

具体的には、借入残高によって毎月の返済額が以下のように変わってきます。

orix-hensai

この表からもわかるように、30万円以下の借入なら毎月の返済はなんと7,000円、50万円でも毎月1万円の返済でOK!なのは、業界最低水準の返済額を可能にしているオリックス銀行カードローンならでは。

そしてもちろん、300万円以上の借入でも、毎月の返済額の負担が極力抑えられるというのが、この表からもわかると思います。

オリックス銀行カードローン
>>オリックス銀行カードローンのお申し込みはこちら<<

オリックス銀行カードローンの詳細

審査結果 最短即日
最短即日振込 カード発行後、最短即日振込可能
お客さまの口座がジャパンネット銀行の場合、毎日
23:50までの受付分は原則として即時で
お受け取りいただけます。
その他の金融機関の口座については、平日の
8:40〜15:00までの受付分は、即日で
お受け取りいただけます。
15:00以降の受付分は、翌営業日以降の
お受け取りとなります。
年利 1.7%〜17.8%
ご利用可能枠 最高800万円
返済方法 下記(1)(2)(3)いずれかの方法によりご返済いただけます。
(1) お客さまご指定の口座からの口座引落しによるご返済
(2) 当社指定口座へのお振り込みによるご返済
(3) 提携金融機関のATMからの入金によるご返済
※ 一部、口座引落しにご利用できない
金融機関がございます。
ご契約時にご確認ください。
担保保証人 保証会社の保証が受けられる方を契約条件としております。
(別途、保証料はいただきません。)
その他に担保・保証人は必要ありません。
必要書類 詳しくはHPをご覧ください。

ボタン01

 

※カードローンの借り換えは不可

このページの先頭へ