借入件数が2社になったら要注意(経験上)

今までカードローンを利用していて思ったことがあります。

それは・・・借入先が2社になってしまうと、それ以上は増やしてはいけないと。

2社から借りようと思った時点で、1社目の追加融資を受けられなかったハズなのです。

現に、わたしの場合も同様で、1社目の消費者金融に20万円の追加融資を希望したのですが、残念ながら断られたので、2社目の消費者金融に申し込みをしたのです。

借入先が2社になると、当然ですが、1社のときよりも返済が大変になりました。

返済額が増えるのは誰もがわかることだと思いますが、さらに返済する手間まで増えてしまったのです。

これは実際に2社以上借りられている方なら、うんうんと納得してしまうと思います。

しかし、わたしの意思は弱かったのか(汗)、結局、最終的には借入件数が3社まで増えることになってしまいました。。

3社から借りると、さすがに4社目から借りるのは困難です。

というか、そんなことを話している時点で、既に借金地獄の道に入っているのに気づいていないのがわかります。

一昔前なら借りられたそうですが、今は一般的に3社が限度だと言われています。
借入先を増やした要因は、ローンの返済に困ったから。

わたしは自分の借金を返済するために、また別のローンを利用するという最悪の状態に陥ってしまっていたのです。

この借金問題を解決するには債務整理という方法もありますが、総借入額が70万円と、めちゃめちゃ多いというわけではないので、自力で返済したいと思っていました。

ローンはとにかく一本にまとめるべき!

そんな状況が続くなか、ふと興味を持ったのが借り換えローンです。

わたしが偶然見たのは銀行のキャッシングでしたが、ネットで審査申し込みをしてみたら融資すると言ってくれました。

どうやら審査通過の要因は、今まで期日までに返済していた利用履歴がプラスに影響したようです。

この時はさすがに、かなりキツかったけど3社にコツコツとローンを返済していてよかった!と心の底から思いました(苦笑)

そんなわけで、3社のローンを一本にまとめてからは、返済の面倒は解消されましたし、金利が下がったおかげで毎月の返済額も減ったことから、繰り上げ返済もできるようになりました。

何よりも借入先が減ったことが、気持ちを楽にしてくれたのです。
ひょっとしたらこれが一番、ローンを一つにしてよかったことかもしれません。

銀行のおまとめローンを検討する前に、消費者金融の業者にもおまとめ資金の融資を申し込んでいました。

しかし、一本化するだけの融資を受けることはできず、結果として3社が2社に減るだけでした。

借入先が1社でも減るのは嬉しいことなんですが、一本にまとめないと、意思が弱い自分ではまた借入先が増えてしまうかもしれない・・と感じて融資を断りました。

また銀行のおまとめローンは、今回わたしが借りた金額は大丈夫だったのですが、総量規制は関係ありませんし、金利も消費者金融に比べて低かったのも決め手になったポイントです。

噂では、おまとめローンを誕生させたのは銀行だそうです。

どこまでが本当かわかりませんが(笑)、消費者金融のローンを一本化させるために誕生したという話です。

このページの先頭へ